定修の目的とは?必要とされている理由を知ろう!

プラントや定修という言葉は、一般的に馴染みが薄いのではないでしょうか。プラントとは工場のことで、定修とは定期修理の略語です。つまりプラントの定修とは、工場の設備の定期的な修理や点検を行うことをいいます。プラントは24時間フル稼働させることで、コストを抑制できるとされています。しかし劣化や故障などのトラブルが発生し、その都度プラントを停止させると、生産性が落ちてランニングコストが増してしまう恐れがでてきます。

定修の主な目的は設備のトラブルを未然に防ぐこと、そしてプラントの機能を安全に稼働させることです。そのため定期的にプラントを停止させて、一気にメンテナンスを行うことが必要とされているのです。

定修で行われる作業とは?点検業務を詳しく知ろう!

プラントの定修では、様々な点検業務が行われます。先ず設備の点検が挙げられます。プラントが停止している状態でしか行えない点検のことで、目視点検や劣化度判定、発見されたものについての報告書作成、作業に着手する順番についての優先順位決定などを行います。次に劣化した設備の交換や修繕が挙げられます。稼働中にトラブルが発生しそうな設備の修繕や必要に応じて交換する作業であり、大型設備の場合にはクレーン車やレッカー車が作業にあたります。

さらに稼働によって設備内に溜まった汚れに対しての洗浄作業があります。薬品やジェット洗浄器具などを用いて洗い流す作業です。加えて設備の改造が挙げられます。これは作業の効率性や設備の安全性を考慮した上で行われ、新しい製品や技術などが組み込まれる場合があります。

定修とは定期修理を短くした言葉です。通常24時間稼働している大型の工場や化学プラントなどで稼働を止め、機器の点検や清掃を行います。