危険なプラントではリスクを管理する能力が重要!

プラントでは単に巨大な設備があるというだけでなく、石油や天然ガスなどのように、引火しやすく爆発性の高い物質を扱うケースも珍しくありません。そのようなプラントの施工では、危険な物質を制御するための複雑な電子装置や機械なども、適切に設置する必要が生じます。その工程で配線ミスやショート、あるいは機器の操作による事故は許されません。施工管理の担当者はあらかじめ危険な作業を特定し、事故回避のルール作りや有資格者のエンジニアを配置するなど、様々なリスク管理の能力が重要になります。

スケジュール調整の能力が工期の流れを左右する!

どんな建築物であっても、計画にもとづいて納期までに仕上げることが基本です。これはプラントの施工でも同じこと。特に幾つもの多種多様な設備が複雑に集まっている巨大なプラントでは、納期が遅れると工場の生産計画にまで狂いが生じてしまい、他の産業分野にまでダメージを与えかねません。したがって施工管理の担当者は、まず納期に間に合うように現実的なスケジュールを立案した上で、その通りに作業が進んでいるのか、常にきめ細かくチェックすることになります。もし遅れが生じたら、人員の配置転換や作業工程の修正などによって、速やかにスケジュール調整する能力が求められます。

大きな予算も管理しなければならない!

プラントの施工管理では、大規模なプラントになるほど資材や部品あるいは人員の数量や種類も膨大になり、それにともなって必要な予算も大きくなります。もちろん予算にも制約がある以上、その範囲内で施工を計画して実行しなければなりません。このため施工管理の担当者はプラントの品質や機能を考えながら、適切に予算管理や原価計算をする能力が必要になります。

プラントの施工管理は、工場や製造設備の設計や製造された製品の検査などを行う仕事です。様々な業務があるため専門的な知識が必要になります。