プラントエンジニアの業務経験を積んでから転職しよう

大きな工場のプラント工事の現場で管理職として働くためには、部下のマネジメント能力はもちろんのこと、様々な種類のプラントの点検や保守、整備などの専門知識やノウハウが求められることがあります。そのため、管理職に必要なスキルを身に着けるうえで、研修制度がしっかりと整っている大手メーカーで一定期間プラントエンジニアとして業務経験を積むことがおすすめです。最近では、管理職候補として理系大学や大学院を卒業したばかりの若者をプラントエンジニアとして雇用しているメーカーも多くあります。そこで、本格的に就職活動を始めるにあたって、プラントエンジニアの役割や業務内容について早いうちから理解を深めることが大切です。

プラント関係の仕事の求人が多いサイトを利用しよう

プラントエンジニアの経験が豊富な人がスムーズに希望通りの工事管理の求人を見つけるには、プラント関係の仕事の求人が多いサイトを上手く活用することが重要です。理系分野の求人数の多さに定評があるサイトの中には、技術者への就職サポートに力を入れているところや、非公開求人の紹介を行っているところも少なくありません。また、プラント工事管理の経験が無い求職者を対象に、資格取得の支援制度を設けているサイトもあるため、余裕をもって使い勝手が良いサイトに登録をしてみましょう。なお、プラント工事管理の仕事において必要となる専門スキルについて正しく理解するうえで、求人先の担当者にためらわずに質問をすることも大事です。

施工管理の求人に応募する時は、建築や土木などそれぞれの専門分野の施工管理者の資格が求められることが多くなっています。