ドライバーの仕事ってどんな種類があるの?

ドライバーの仕事は車の種類でも分けられますが、人を乗せるか荷物や貨物を載せるかでも分けられます。車の種類ではトラックやタクシー、バスなどがあり、その中でもトラックは小型・中型・大型に分けられバスも路線バスや観光バス、送迎バスに分けられます。人を乗せるドライバーの仕事は、主にタクシーやバスです。ドライバーの仕事は種類によって免許が違います。車の種類では車の大きさによって免許が異なり、普通自動車免許のほかに中型自動車免許や大型自動車免許が必要な仕事もあります。また、人を乗せるタクシーやバスでは、1種免許のほかに2種免許の取得が必要です。

ドライバーの仕事メリット・デメリットとは?

ドライバーの仕事にはさまざまあり、メリットもそれぞれあります。例えば、タクシードライバーのメリットは自由に休憩時間を選べることや、隔日勤務による休日の多さなどです。トラックドライバーは1人での運転で職場での人間関係によるストレスが少ないことなどがあり、路線バスでは日々決められたルートで残業がないことなどがあげられます。デメリットも、それぞれです。タクシーでは隔日勤務の場合は1日の運転時間が長時間となり体がきついことや、酒に酔った乗客に絡まれたりするデメリットがあります。トラックドライバーでは労働時間が不規則になったり、長距離の場合はなかなか家に帰れなかったりするといったデメリットがあります。バスドライバーのデメリットは、多くの乗客を乗せて走るため常に気を張って運転しなければならず、疲労度が大きいなどです。

愛知のドライバーの求人は一人前になるまでに研修が充実しています。仕事に必要な知識とスキルを早く身に付けられます。